ようこそ

県岐商

第2回米国国際化研修2003



ソルトレーク時間と天気

March 11 - 18, 2003 Ogden, Utah

 今日の出来事 
3月10日(ユタ時間)、オグデンの様子 (大塩湖を望む)

快晴、現在の気温:14℃  南南西の微風  湿度38%

 3/11: TUE     ユタ到着日

ミンナ、ゲンキ。ブジ、トウチャク。‐‐‐ 電報風

ホストファミリーとも御対面ーん。ちょっと緊張してたけど、本番はスムースでした。

 

 3/12: WED  体調調整日

  • ソルトフラット見学:グレートソルトレークは琵琶湖の約7倍の広大さ。塩分は海水の4〜8倍。世界一の塩平原まで車で片道2時間以上。映画「インデペンデンスデイ」のラストシーンやドラッグレースでも有名。

  • カジノdeランチ:ラスベガスが代表するように米国の遊戯施設はきわめて僻地にある。遊技場政策を実感します。

!

気温が上昇し、ぽかぽか陽気。塩と空をバックに、ハイ、チーズ!

初日を無事にサバイバルした皆が情報交換。 カジノのあるWendoverの街は普段の生活の場からずっと離れたへんぴな所にありました。カジノのレストランで食事。写真とりたい衝動に駆られますが、禁止でした。それでも、とてもきれいなネオンの方が気になるみたい。 ソルトフラットで皆は一体なに掘ってんでしょうかねえ・・・。

Janae先生と塩採取記念の証拠写真です。

 3/13: THUR

  • 研修会場のユタ州立ウィーバー大学で一足早い大学生気分。特別講義と語学クラスのあとは街へ出てアメリカ人に突撃インタビュー。もちろん全部英語です。ガンバレ!なんとかなる。

Dr.アダチの講義に真剣なまなざし。『砂かけババア(自称)』よろしく、外地で生き抜くたくましい日本女性に出会いました。

本籍が岐阜というDr.アダチの特別講義。アメリカの中でも場所によってずいぶん英語の使い方や生活観が違うということから始まって、Dr.アダチの特別講義では外国語学習の心構えや海外生活、特に留学のための『ためになる情報』がいっぱいでした。有難うございました。

デパートで出会ったマタニティーの女性。フランクで明るい典型的なアメリカ人見つけたー。Thanks

インタビューの質問を考える

インタビューは結構“心臓もの”です。でも、皆さんとても親切に、そしてまじめに答えてくれて感動でした。アリガトウ

宝石店でも『飛び込みインタビュー』。みんなたくさん英語しゃべりました。Wonderful!!!

Surveyの最も大切なものは最後の集計と発表。統計グラフを手書きで作りました。エクセル並みです。Good Job!

 

 3/14: FRI      DOKI DOKI DAY

  • 地元の最大スケールのWEBER高校で授業参加。ドキドキ。

  • オグデン市長表敬訪問。こちらもちょっとドキドキ。

  • 夕方は日米ボーリング対戦(予定)。頑張れニッポン!

WEBER高校の生徒達と記念写真

(左):WEBER高校のマスコット:「ウォリアー」(戦士)

オグデン市のGODFREY市長との面会

 3/15: SAT

  • 冬季五輪アルペン、ジャイアントスラローム会場で思いっきりスキー。世界最高レベルを貸切状態。

 3/16: SUN

 

  • ホストファミリーとユックリ過ごす休日。

 

 3/17: MON

  • ソルトレークシティー見物 &Park Cityアウトレットショッピング

  • 夜はホストファミリーを御招待して「お別れパーティー」。

 

 3/18: TUE

  • サンフランシスコに向けて出発。別れと早起きでちょっとツライ。

早朝にもかかわらず、皆元気に集まりました。時刻どおりにユタを出発。サンフランシスコでも楽しんでください。

『ユタに来てくれてありがとう。またの日を楽しみにしています』・・・ホストファミリー&UEP一同より

お願い:本ページに掲載した写真、文章、記事内容、情報の無断使用を堅く禁じます。

使用を希望される方はUEPまで御連絡ください。 UEP@chikyujin.net

地球人ネットワーク     UEPホームに戻る

 

©2000 Chikyujin Network/UEP. All Rights Reserved.