Supported by  

 

OgakiKita High School-UEP Home Stay Program 2004

" To know the man, we must walk thousands miles in his shoes" --- インディアンのことわざ

「相手の靴をはいて千里を歩かないと他人のことは解らない」と言う。

ホームステイの醍醐味、同じ釜の飯を食べる」・・・ 貴重な経験がまた我々を強く変える



ソルトレーク時間と天気

March 14 - 24, 2004  Utah

現地の話題

  • サンフランシスコ空港出発が機体整備のため、50分ほど遅れましたが午後3時半過ぎに無事到着。DATCでホストファミリーと感激と緊張の対面をしてそれぞれの家路についていました。Good Luck! (3/14 6:59)
  • サンフランシスコ国際空港より、高野先生から「無事米国到着。荷物のRe-check In完了し、これからソルトレーク便に乗り換える予定!」の第一報あり。(3/14 午前10時40分)
  • 本日、天気は快晴(3/13)
  • 数日前から急に暖かくなりました。(3/10)
  • 大統領選挙に無所属のリベラル派、ラルフ・ネーダー氏が出馬表明―前の選挙でゴア票を喰った経緯から、民主党と票の取り合いが心配されている。
  • 今年は降雪量が多い。渇水に苦しんできたユタではこれは良いニュース。

 

 === Picture Diary === 

 3/14: Sunday = Arrival Day

  

We've just arrived!!!  The mountains are still covered with snow here.

飛行機酔いもなく、みんな元気です。今日はとりあえず英語生活初日。GAMBARI MASU!

  

 

 

  

 3/15: Monday = UU, SLC, "Governor Walker" visit

改修工事真っ只中の州議事堂。天気に恵まれました。

 

ユタ州最初の女性州知事、オリン・ウォーカー知事を表敬訪問。10月には日本を含めてアジア歴訪とのこと。また会えるかな・・・?

  

 

 

タバナクルのパイプオルガンを聞きました。

 3/16: Tuesday = Exchange activity at Ogden High School

 オグデンハイスクールで日本文化紹介にチャレンジ

オグデンハイは大恐慌の後、ニューディール政策で建てられた学校です。アメリカ中の芸術家が集まって作ったのでとても綺麗な学校でした。

この真剣な眼差しがコワーイ!!!でも、ガンバリマス。

  

すぐに環境に溶け込めるのが北高生の強さです。どう?結構、馴染んでるでしょ?

  

日本語テストを作るの手伝わされちゃいました。これもアメリカならではの経験です。

 

  

 

ナターシャ・ジョンソン:「私2年前、北高に行ったわよ!覚えてる?」「料理実習だってしたんだから・・・とてもよい思い出よ」、「だから、今度はあなた達がアメリカ生活を楽しんでね」-とでも言ってるのでしょうか?

気合十分。『武』の部分をシッカリ見せました。

 

 

僕の相棒は弁当持ってきてるイイ奴でした。ヤッパリお母さんはどこの国でも偉大です。     『剣玉外交』

 

日本の伝統玩具紹介ということで凄いテクニックを見せたので剣玉が大人気です。   

3/17: Wednesday = Excursion to the Southern Utah  =Day 1=

快晴の中、インディアンランドに向けて元気に出発しました。今日のモアブ(アーチーズ国立公園)では半袖短パンが適当なほどの陽気。ケガや病気もなく、元気に研修を続けています。(現地からの報告)

 

Arches National Park, Utah

Oh! What a BIG rock!

  

to be continued

 3/18: Thursday = Excursion =Day 2=

  

上を向いて洞穴を眺める・・・。   ネイティブアメリカンが吹く笛の音は時を越えて遥かな世界に届きそうだった。

  

とても親切な現地の人たち。                  不思議な音の魅力に惹かれて僕も挑戦しました。

         

 3/19: Friday = Excursion =Day 3=

ここから不思議なパウエル湖が始まるグレンキャニオン

 

気が遠くなりそうなほどの地層の重なりを見ていると、心が遠くに飛んでしまいそう。

 

 3/20: Saturday = Free time with optional skating at the Olympic Oval Skate Arena

   

五輪オーバルスケートリンクではアメリカチーム選手がコーチしてくれました。 

 

 3/21: Sunday = Free time with host family

 

 3/22: Monday = University of Utah, Farewell Party

 

ユタ大学構内とその周辺

 

ユタ大学フットボールスタジアムと敷地に隣接する五輪博物館(後ろの塔は2002冬季五輪聖火台)

 

さすがにデッカイ!

 

お別れパーティー: 心が通じたホストファミリーと最後の夕食でした。アリガトウ。

 

ここでもヤッパリ剣玉は人気の的でした。

 3/23: Tuesday = Volunteer activity at Canyon View Elementary School/ NBA game (Jazz vs Wizards)

 

別れの朝。

   

  

日本文化紹介: キャニオンヴュー小学校にて。

  

   

 

NBAのJazzゲーム観戦: ヤッパリ本物は凄い!

 

 3/24: Wednesday = Departure Day

 午前9時過ぎ、全員元気に帰国の途につきました。ユタで思いっきり吸ったアメリカンエアーとエネルギーでこれからも頑張れ!!!

お願い:本ページに掲載した写真、文章、記事内容、情報の無断使用を堅く禁じます。

使用を希望される方はUEPまで御連絡ください。 UEP@chikyujin.net

地球人ネットワーク     UEPホームに戻る

 

©2000 Chikyujin Network/UEP. All Rights Reserved.