二十一世紀を拓く草の根国際交流

大垣南高校 - Olympus High School & Brigham Young University

 そして

Knowledge Spirit & Talents

 

『感動』は笑顔と涙の交差点 ― 才能はすべての人に与えられた宝物 ― タレントを伸ばすのは君の特権 

テロ関連情報

ユタ州でのテロ関連の危険情報なし。在ソルトレーク岐阜県ユタ駐在員の池戸様との緊密な連絡体制により、当地での危険が高くなる場合にはデンヴァー日本総領事館とも連携して適切な安全策を講じることになります。

サンフランシスコでは岐阜県カリフォルニア(サンノゼ)駐在員事務所の佐々木様のご協力をいただき、情報提供と有事の際の現地支援をいただくことになっています。サンフランシスコでは金曜日、土曜日にユニオンスクエアなどで反戦デモが予定されているが、研修グループはデモ予定地域には一切近寄らないことになっています。また、必要に応じて、在サンフランシスコ日本国総領事館からに支援も受けることになっています。

 

3/25 Leaving for Nagoya

サンフランシスコ国際空港国際線ターミナル

みんな、ゲンキでね! −−− サンフランシスコのガイド役、エミ、ブランドン、ミヤコ、ロイ (UEP一同)

 

3/24 San Francisco

 サンフランシスコ散策の日

ホテルの窓からコイトタワー方面(イタリア人街)とアルカトラス監獄島を望む

フィッシャーマンズワーフPier39から出ている船でサンフランシスコBAYをクルージング。感動の絶景でした。

ランチの後はそれぞれ、小さなグループでダウンタウンを散策。ケーブルカーは『満足!』。ヘイトアシュリーではたくさんの小物屋さんや古着のお店を見ました。案内してくれたサンフランシスコ州立大学のお兄さん、お姉さん、本当に有難うございました。

ヤッパリ、金門橋(ゴールデンゲートブリッジ)は絵になる。

 

3/23 San Francisco

 午前8時50分頃、ほぼ予定通りにソルトレーク空港を出発して全員元気にサンフランシスコへ出発、ホストファミリーとの別れで寂しい気持ちだった生徒達もSF到着後はスタンフォード大学ツアーや美味しいサラダバーでの昼食、ショッピング、ツインピークス(市街地が一望できる高台)とトレジャーアイランド(市街地を海から一望できる島)からの素晴らしいサンフランシスコ市街見学で徐々に元気を取り戻していきました。きれいな景色も人を慰めるんですねぇ。天気は朝、霧が多いが、日中は好天に恵まれています。

ツインピークスからサンフランシスコダウンタウンを見下ろす。ウ〜 ちょっとブルブル。

西陽に映えるSF市街

西の名門、スタンフォード大学。パームツリーと青空、レンガつくりの赤い屋根がとても『南カリフォルニア』していました。

マイクロソフト創始者、ビルゲイツ氏が寄贈したコンピュータ科学ビル。将来のビルゲイツ予備軍が記念撮影。

サンフランシスコのチャイナタウン。夕食がとても美味しかった!

 

=== ソルトレーク空港にて ===

名残惜しいのですが・・・。いつまでも元気で。・・・絵美、ブランドン、& Roy @SLC空港

 

3/22 Salt Lake City

 ホストファミリーと自由行動。最後の日をアメリカン家族と楽しく過ごしていることでしょう。

3/21 Salt Lake City

*** THE JAPAN NIGHT ***

習字はどこでも大人気!好きな言葉や名前を書いてもらいました。

日本文化紹介テーブル

ちょっと緊張のスピーチ。全員 GOOD JOB!!!

楽しい食事と文化紹介

1850年(明治3年)創設のユタ大学、学長ビルディング前にて。快晴のまさに『ユタ日和』でした。

 

3/20 Salt Lake City

Brighton Ski Resort

3/19 Salt Lake City

 オリンパスハイスクール授業交流

高校給食の味はいかが?

互いに教えあう

3/18 小学校授業訪問&日本文化紹介ボランティア、BYUヤングアンバサダー交流(写真は後日)

文化ボランティアでは日本の数字を教えました。

剣玉や羽子板、紙風船など日本の伝統玩具を紹介。

伝統の遊びは大人気。体験者希望が多すぎて嬉しい悲鳴。

日本の唱歌の美しさは言葉の違いを超えて素晴らしい『日本の心』を伝えました。  ポーター校長は思わぬギフトに大喜び。

タレントを伸ばす若者同士が歌の交換。日本の歌にひきつけられて何人もの学生達がスタジオ入り口で足を止めていました。

歌の「お返し」はヤングアンバサダーによる" I am a child of God"でした。その完成度は鳥肌モンでした。

今日はリハーサル再現ということでいつも通りのウォーミングアップから。南高生徒達も一緒にまず体からほぐしました。

ブランドンが『ラジオ体操だ』といってましたが、実際には凄く楽しいエアロビクスでした。さすがにダンサー達。ノリは最高です。

ミュージカル『オクラホマ』からのストーリーをはじめ、ミュージカルのリレーにはただただ感激するばかりです。どのミュージカルも「素敵」の一言でした。(素敵過ぎて)『泣きそうになった』という感想は皆に共通する言葉でした。スター達との談笑も楽しみました。今度はNYのブロードウェイで会えるかな?

BYU(ブリガム)を漢字で表現する書道は人気の的でした。

3/17 Salt Lake City

 

『地球は塩かった!』

あいにくの雨の後でしたが、果てしない塩の原っぱがどこまでも続いていました。こんな景色は日本には無い!

ユタ州議会堂見学

3/16 Salt Lake City

 

3/15 Salt Lake City

昨日の雨で肌寒い感じのソルトレーク。ホストの対面ではお互いの緊張も案外、スルリと解消していました。

6月に南高を訪問したオリンパスハイスクールのアナー君もホストファミリーとして出迎えてくれました。

地球人ネットワーク

UEPホームに戻る

 

©2000 Chikyujin Network/UEP. All Rights Reserved.